医者がいい転職をするコツは?

医者は転職先をこう見つける

一般的に医者が転職をする場合には知り合いを頼って移籍するか、ヘッドハンティングというケースが多いのですが、昨今では医者専用の人材紹介会社が登場しています。それらの会社のウェブサイトに会員登録することで日本全国の病院でどのようなスペックの医師を必要としているのか、また給与等の待遇も含めて詳しく書かれています。会員である医師の希望にマッチした求人を見つけるために会員担当の転職コンサルタントが転職を支援します。
多くの医師専門の人材紹介会社では、病院ごとに担当のスタッフがおり、病院関係者に取材したうえで求人を作成しています。担当のスタッフは求人を転職希望者の医師に見せるだけでなく、労働条件の交渉も行います。いつから働くのかといったことから給与面まで含めて交渉を代わりにするエージェントになってくれます。

理想の職場にマッチするか相談してみる

医師が転職をする際に、自分の判断で病院のウェブサイトから直接応募すると情報に非対称性があまりにもあるため失敗する可能性がかなり高くなります。しかし、日本中にある特に中規模以上の病院の求人に関する情報を調べようと思ったら時間がかかってしまうので、医師向けの転職エージェントを使うとよいです。求人票を作っている側の人たちならそれらの病院に関する多くの情報をもっているため、それらのアドバイスを参考にすれば医師が転職する際のリスクを抑えることができます。
人材紹介会社に頼ることにより、一般的には公開されていない医師向けの求人情報をチェックすることができます。紹介会社のスタッフに相談することで、医師個人の実績やスキルに応じた病院を教えてもらえます。